Cozy room > Cozy roomのスタッフブログ記事一覧 > 女性必見!女性の一人暮らしで後悔しないための物件選びのポイントをご紹介

女性必見!女性の一人暮らしで後悔しないための物件選びのポイントをご紹介

女性必見!女性の一人暮らしで後悔しないための物件選びのポイントをご紹介

男性の一人暮らしに比べて、女性の一人暮らしでは、セキュリティ面や周囲の環境など安全性を重視する必要があります。
特に、夜道など変質者と遭遇するような危険な場所で一人暮らしをするのは不安ですよね。
何か事件に巻き込まれてから後悔しても遅いのです。
そこで、トラブルに巻き込まれないために、女性が一人暮らしで後悔しないための物件選びのポイントを失敗談も交えてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

後悔しないために事前にチェック!内見や物件選びのポイント

1階は避けて2階以上の部屋にする

1階はアクセスしやすく盗難に入られる可能性が高いだけでなく、下着泥棒などの被害に遭う可能性も高くなります。
事情があり1階に住む必要がある場合には、玄関に男性用の靴を置いたり、男性用衣類を干すなどの対策を取りましょう。

隣人に注意する

レディースマンションでない場合、隣人が男性の可能性もあります。
事前に担当者に確認しておくことをおすすめします。

オートロックは必須

オートロックがある物件にすることで、セキュリティ面の安心感が高くなります。
内見の際に、管理人がいるかどうかも確認しておくと良いでしょう。
モニター付きインターフォンがない場合は、工事不要で簡単に取り付けられるモニターを取り付けると安心です。

物件周りの治安を確認する

内見のときに、周辺のゴミの状況や近くに学校があるかどうかを確認しましょう。
ゴミの状況で自治体がどれくらい動いているかを判断できます。
また、近くに学校がある場合、近所の目があるため、変質者は出にくくなります。

近くに駅やスーパーがある部屋を選ぶ

夜道を歩く時間を少しでも減らすために、駅やスーパーが近くにある場所を選びましょう。

ドアはワンドアツーロックが望ましい

部屋の鍵は、驚くほど簡単にピッキングできます。
そのため、二重ロックのドアがある部屋を選びましょう。

どんなことに後悔している?事前に知っておきたい情報


●夜になると周辺の道の人通りが少なくて暗く、痴漢の被害に遭ってしまった。
●近くに24時間営業のDVDレンタルショップがあり、夜になると変質者が多かった。


といった周辺環境に関する後悔や

●下の階の住人がクレーマーで、夜に階段をあがるヒールの音がうるさいなどのクレームの手紙を毎日投函された。
●夜中にクレームをいうために部屋を訪れ、何度も執拗にインターフォンを押された。


といった住人トラブルに関する後悔などが挙げられます。
周辺環境や住人については、住み始めてから気付くことも多いですが、隣人の性別や周辺環境は事前に調べることもできるため、最低限の情報は契約前に入手しておきましょう。

必見|女性向け物件特集

まとめ

女性の一人暮らしは、男性以上に危険が潜んでいます。
入居後に後悔しないためにも、今回ご紹介したポイントを参考に、内見時にしっかりと確認しておきましょう。
私たちCozyroomは、吹田市・江坂の賃貸情報をご紹介しております。
街の様子やアクセス環境など、何かご質問などがありましたら、お気軽にご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|平屋と2階建て住宅を徹底比較!マイホームを建てるならどっち?   記事一覧

トップへ戻る